りょくけん東京

りょくけんだより
りょくけんだより~ BLOG ~

バレンシアオレンジ レモン 河内晩柑

回青(かいせい、かいしょう)という現象。

 「河内晩柑が、今回、入荷したものは、まったく違う品種みたいに色が違います。河内晩柑にも品種があるんですか?」

そんな販売スタッフさんからの疑問。

河内晩柑には、品種というほどの品種はなく、ちょっと早生、とかちょっと晩生の系統みたいなものは存在すると思う。

「場所とか、収穫時期の色合いかな?」

売り場にあった河内晩柑を見て、「ああ」と思った。

晩生の柑橘は、1年以上、実をならせるものがある。

夏に近づくと次の果実を生らせ、1年目の、まだ緑のものと2年目に入るものが同時に生っていたりする。

そして、そこまで生らせると、黄色や橙色だったものが、再び緑色を帯びてくる。

この現象を”回青”と言う。

かいせい と読んだり、かいしょう と読んだりする現象。

写真ではわかりづらいかも。左が回青。右が回青していない河内晩柑。

葉緑素が再度、皮に発生し、緑色っぽくなるのだ。

若干、皮も固くなり、ものによっては二次生長と言って、皮に突起物のようなものが出て不格好になったり、総じて、皮が固く厚めになる。

産地によっては、水分が樹に持っていかれて、果実がパサパサしてしまうことがある。

が、きちんと管理していれば、パサつくことはあまりない気がする。

6月や7月まで、生っている柑橘と言えば、晩生のオレンジのバレンシアオレンジや河内晩柑。

このあたりが、やや緑がかってくる。

ちなみに熟度も上がっているので、味は良い。

河内晩柑は、別名ジューシー柑と言ったり、ジューシーフルーツ※とも呼んだりするくらい、水分が多いので、パサつくことはあまりない。

バレンシアオレンジも、回青するくらい、木に置いた方が美味しい気がする。

現在、販売しているレモンも、少し回青している。

二次生長は、このレモンに多い。

角みたいなものを多く持っているものが多い。

ハウスみかんも始まり、いよいよ柑橘も一周してきた!

※ちなみに美生柑(みしょうかん)も、河内晩柑のこと。河内晩柑は、産地によって、さまざまな名称がつけられている。

一覧に戻る