りょくけん東京

りょくけんだより
りょくけんだより~ BLOG ~

野菜の花。

 野菜くだものを厳選していくものとして、その野菜が、どの科に属するのか知っておくことは非常に有用だ。

原生地がどこかも分かるし、それによって、どんな栽培環境がその野菜に適しているか、理解できたりするからだ。

不思議なことに、食べる部分が違ったり、色や形が違っていても、花や葉の形はよく似ていて、その植物の傾向を察することができる。

ナス科に属する野菜の花は、分かりやすい。

なすの花はこんなだ。

なすの花

この紫色の花が落ちて、ふくらみ、なすができる。

同じ仲間にトマトがある。

トマトは、導入当初の和名を、唐茄子と言う(唐柿とも)。

色こそ、黄色で、かなり印象が違うが、花の形はそっくりである。

トマトの花。

じゃがいもも、ナス科に属する。

食べる部分は土の中の、茎が肥大した部分で、地下茎。

男爵芋の花。

ただ、花の形は似ている。

品種によって、花の色が違うのが面白い。

メークインの花。

ピーマンもナス科。

ピーマンの花も美しい。

一覧に戻る

月別アーカイブ月別アーカイブ