りょくけん東京

りょくけんだより
りょくけんだより~ BLOG ~

社長日記

黄色のシールに、大きく赤いマルとバッテン。

やってしまった。

移転の準備に、私一人だけ取り残されていて、夜まで会社で仕事をしていた。

新事務所に、荷物も移動させた関係で、会社の前に自家用車を駐車。

24時を回ったところで、やっと申請が終わったので、恐る恐る社屋を出て、駐車している車のフロントガラスを見る。

「ああ、、やられた、、」

ー駐車違反だ。

黄色のシールに大きく赤いマルとバッテン。

近所から苦情があったのかもしれない。

午後11時58分に記録されていた。

もう少し、もう少し早く、終わっていたら…。

記載のあった警察署に電話を入れると、今から来てください、とのこと。

深夜ですが…?と言うと、警察は大丈夫、24時間やってますから、と返された。

駐車違反シールを貼った警官本人と対面。

やたら申し訳なさそうに、案内してくださる。

「なんであそこに停めていたんですか?」

「会社で仕事していました。」

「え?あのシャッターのしまっていたところですか?物音も聞こえなかったので、完全に放置駐車だと。ふつうは、近くにいることが分かれば、我々は『移動してください』って声かけるんです。」

深夜だったので、シャッターも閉めていた。

PCに向かって助成金の申請をしていたので、物音もなかったことだろう…。

ああ。

もう少し早く終わっていたら。

シャッターを少しでも開けていたら。

もう少し社屋に寄せて駐車できる技術があったら。

タラレバが頭を駆け巡った。

この1年で、3回目の駐車違反。

仕事柄、荷物を持って銀座のお店に行ったりする。

その際に、違反を2回。

駐車禁止は1回で2点減点。

6点で免許停止。

初犯だから30日の間、免許が停止となる。

落ち込むけれど、人に関する違反でなかったことを幸いとしておきたい…。

「免停ですか?」

「大森さんの話を聞いた限り、そうなりますね。どうしても、私どもでは確認できないので。」

「今から、車に乗って帰って良いんですか?」

「免停については、はがきがご自宅に行くと思いますので、受け取ってから、免許停止になります。今は大丈夫ですよ。」

優しく、柔和な表情で言われた。

慎重に、言葉を選んでいるのが伝わってくる。

それにしても、深夜の警察署。

忙しそうであった…。

それこそ、私なんぞで、お手間をかけさせてしまったのが申し訳ないと思うくらい…。

一覧に戻る