りょくけん東京

りょくけんだより
りょくけんだより~ BLOG ~

国産ピングレ!?

「ピングレ!ピングレ入ったんですね!」

「?」

ピンクにするか、ルビーにするか迷っていると、そんな言葉が聞こえてきた。

ピングレとは何ぞや???
一人だけグレてること???
いやいや…。

愛媛から、果肉の赤いグレープフルーツが入荷した。
愛媛の田那部さんは、アボカド然り、私が興味を持っているものをよく作っていて楽しい。

以前、愛媛の双海町というところで、ビニールハウスでピンクグレープフルーツを作っている方がいらっしゃり、
お話を伺ったことがある。

残念ながら、体を壊し、その時ですら、すでに作付けはしていなかった。
また、日本では、グレープフルーツの糖度は上がらない、というのがその方のご意見だった。

日本で育てると、なんでも美味しくなるようなイメージがあるが、こと、温度が必要なものは難しい。
マンゴーのように、グレープフルーツも加温するハウスで作れば、糖度は上がるのでは?と投げかけても、
温度を上げ過ぎると、早めに落果してしまうそうで、せいぜい糖度12度くらいが限界だとおっしゃっていたっけ。

あれから数年が過ぎ、お取引のあるところから、まさかピンクグレープフルーツが出るとは思っていなかった。

「小玉ですし、外観も悪いですよ。」とあまり自信がなさそうだったので、きっと酸っぱいし、皮も分厚いんだろうなあ、
と思っていたけれど、食べてみたら、なかなか美味しい。
皮も、輸入物と変わらないくらいの厚さ。

気になって糖度を測ってみたら、糖度12~14度くらいを記録。
食べた感じはそんなに甘い!とは思わず、グレープフルーツらしい酸味や苦みを感じたのだけれど。

スタッフさんに包丁でさっとカットしたものを食べてもらったら、とても評判が良い。

「え?そんなに甘かった?」

ふと気づいたのだけれど、皮のアルベド=白い部分を残して食べるのと、皮をそぎ切りにして、果肉だけ食べるのとは
どうもかなり感じ方が違うようだ。

たしかにジュース分が多く、じゅわっと水分が口に広がり、あの苦みも少なく感じた。

もっと果肉の色も薄いのかと思ったら、かなり濃く、これはおすすめだ、と思った。

まだまだ貴重な、国産のピンクグレープフルーツ。

ぜひお試しあれ。

■国産ピンクグレープフルーツ 愛媛県産 約3㎏ 4320円(税込)~
https://www.shop-ryokuken.com/SHOP/417838.html

一覧に戻る

月別アーカイブ月別アーカイブ