りょくけん東京

りょくけんだより
りょくけんだより~ BLOG ~

茶飯2。

一言で”茶飯(ちゃめし)”と言っても、日本にはいくつかあるようである。

しかも、お茶を使ったごはんを”茶飯”と言うと思っていたけれど、茶色のご飯も”茶飯”と呼ぶそうな。
要は、しょうゆとお酒、塩で炊いたご飯も、茶飯と呼ぶらしい。

緑茶の茶飯はややさっぱりしていたけれど、ほうじ茶で炊く茶飯もある。
夜ご飯は、ほうじ茶で炊いてみることにした。

1.ほうじ茶の茶葉を多めに入れて、水を沸騰させ、濃い目に淹れる。
2.米を研ぎ、ほうじ茶を入れ、酒と塩を入れて、炊く。大豆を入れても良い。

出来上がりは、まるで焼きそばのソースをまとったような濃い茶色のごはん。

香ばしいほうじ茶の香りが鼻に抜けて美味しい。
豆が入った方が、料理としては完成しているか(単独で食べられる)。

りょくけんの厨房に余力があるときには、ぜひ試してみたい。

一覧に戻る

月別アーカイブ月別アーカイブ