りょくけん東京

りょくけんだより
りょくけんだより~ BLOG ~

スイカ 鳥取

鳥取のスイカが届いた!

鳥取から、大玉スイカが届いた!

倉吉の田村さんからだ。

創業者から「関東では美味しい野菜はとれない」なんて教わっているものだから、千葉や茨城からたくさん出荷が始まるこの時期。

わざわざ逃げるように他の産地を訪ねた。

それが鳥取だ。

スイカの原生地は、砂漠。

日本の砂漠と言えば、鳥取砂丘だから、なるほど、鳥取はスイカの名産地に違いないと思って調べて調べて、農協の方に聞いたら、やんわり断られて、でも「このあたりなら、若い農家さんが割と入っていて、やってくれるかもよ。」とヒントを得て、出会った農家さんが、倉吉市の田村さんだ。

田村さんは、関東で銀行マンをしていたけれど、おじいさまの旧宅を引き継いで、新規に就農。

周りのベテラン農家さんたちに指導を受けながら、大玉スイカと米を育てている。

ブランド産地の倉吉の中でも、一番標高が高い場所に畑があり、寒暖差も手伝い、糖度の高いスイカになっている。

イメージしていたような砂地ではなかったけれど…。

この梅雨の時期に、一番気を付けなくてはいけないのは、雨(田村さんによると、それよりも3月頃の温度管理が大事だとか。突然の寒気が、時々あるそうだ)。

ハウスと、トンネル栽培で継続して栽培していて、一か月ほど継続できる。

早速、売り場に届いていたものを購入し、食べてみた。

シャリシャリ感が強く、凝縮感もある。

そして、スイカっぽい味が強く、甘い。

糖度を測ってみたところ、14.2度!

「おお!高い!美味しいわけだ。」

14.2度は、やや良すぎで、すべてがこうだとは思わないけれど、嬉しかった。

元銀行マンが作る、シャリ感のある 祭ばやし777(スリーセブン)!

ぜひご賞味あれ!

■大玉スイカ 鳥取県産 1玉 6480円(税込)

https://www.shop-ryokuken.com/SHOP/42212t.html

一覧に戻る